リレーション 人間関係というもの

先日、リレーション(人間関係)に特化したクラスを開催した。

 

参加してくれたメンバーは、ここ最近足しげく通ってくれている人たちばかりだった。

まずは、成長がすごかった。

これ、難しいんだよ!よくできました!!!

 

台本には、ただの友達・・・とかよりも、恋人だったり家族だったりと近い、濃い人間関係が圧倒的に多い。それをちゃんと表現することはとても難しい。

それにとても役立つ、具体的で即効性のある練習です。

映像の仕事においては、

「おはようございます」と挨拶したら、その数時間後に(早ければ1時間後?)、「アナタ」とか呼んで手を握ってたり・・・

舞台では、日頃からいや~~~な先輩(笑)が自分の母親役で、その人の胸に顔をうずめてさめざめ泣かなくてはならなかったり・・・

改めて思うと、変な仕事だ!

 

 

参加したメンバーは、相手を「親」だと信じられるだけで多くのことがうまく行く・・・のがとてもスムーズに行われていました。

 

人間の 脳は騙せる!

 

 

 

アクターズワークスで、私が挑んでいること。

「演じる」ために必要な色々な要素、それを一つづつ取り上げて訓練しその部分を強化して、演技のレベルを上げていくこと。

スポーツ選手が、試合の前に筋トレする。

この人は体幹を・・・この人は下半身を・・・

あるいはフォームの改善を、新しいサーブの習得を、

そうやって、試合に勝てるようにしていく。

 

演技もそうだと思っている。

人は一人一人違う。それが個性だし、自分の欠点も人によって違う。

ある人は感情は豊かだが、台本が読めない。ある人は台本の理屈ばかりになって感動が伝えられない・・・。

俳優は自立して、基礎トレで自分の欠点を克服し長所を伸ばして、自分の「演技力」を上げる。

そしてもっともっといい俳優になっていって欲しい!

 

 

最新情報

ブログ

昨日のリピテションクラスについてアップしました。

「本気になる」

 

レッスン内容など、改定情報をアップしました。 

Twitter