アクターズワークスとは

アクターズワークスとは、柚木佑美が、サンフォード・マイズナーシステムにのっとった、演劇のワークショップを行うための団体です。

最新情報

篠原監督WS・募集開始しました。

 

ブログ ディープ2クラスの様子など新情報をアップしました。

     

レッスン内容など、改定情報をアップしました。

 

受講者・関係者の出演情報に ディレクターズワークショップを開催してくださったペーター・ゲスナーさんの情報をアップしました。

 

稽古場風景、更新しました。

募集中のクラス

一般募集のクラス

★ウィークエンドワークショップ 【募集中】

1/21,22 ウィークエンドワークショップ

【定員】16名(先着順、定員に達し次第の締切) 

メンバー対象のクラス

★キャラクター・シーンクラス 【エクササイズクラス修了者】【キャンセル待ち】

12/19-27 キャラクター・シーンクラス

【参加資格】キャラクター:エクササイズクラス修了者、シーン:キャラクタークラス修了者

【定員】10名(定員に達し次第締切) 

★リピテションクラス 【エクササイズクラス修了者】【募集中】

12/17 リピテションクラス

【参加資格】エクササイズクラス修了者

【定員】10名(定員に達し次第締切) 

★アプローチクラス 【エクササイズクラス修了者】【募集中】

1/14 アプローチクラス

【参加資格】エクササイズクラス修了者

【定員】8名(定員に達し次第締切) 

2016年のレッスン予定

 2月 キャラクター&シーンクラス

     ディレクターズワークショップ vol.5 武正晴監督予定 

 4月 エクササイズクラス

 5月-6月 キャラクター&シーンクラス

 7月 リレーションクラス

 8月 エクササイズクラス

     キャラクター&シーンクラス

   9月 ディープエクササイズ1クラス

 10月 ディープエクササイズ2クラス

 11月 ディレクターズワークショップvol.6  映画監督予定

    エクササイズクラス 

 12月 キャラクター&シーンクラス

私たちはアクターズワークスを推薦します!(あいうえお順)

谷賢一 作家・演出家・翻訳家。DULL-COLORED POP主宰。アトリエ春風舎芸術監

    督。日本劇作家協会・事業委員。

  「マイズナー指導に関しては日本で柚木さんの右に出る人はいないと

   思う。柚木さんの悪魔の微笑みを、是非多くの俳優志望者に体験し

   て欲しいと思います。(全文を読む)

 

谷口正晃 映画監督。2010年『時をかける少女』で長編映画監督デビュー。同作品は

     第32回 ヨコハマ映画祭 新人監督賞を受賞。

   「アクターズワークスで実践されている内容を知って、思わず膝を打った。演技

   に必要な『本物の感情が実に合理的に、具体的に獲得できるカリキュラムに

   なっているからだ。(全文を読む)

 

こんな方々が受講しています!

about us

講師:柚木佑美(ゆうきひろみ)

舞台や映像で活躍。1995年、ネイバーフッドプレイハウス出身のキャリー・ジベッツ先生と出会い、役者としてトレーナーとしてサンフォード・マイズナーテクニックを学ぶ。 新国立劇場演劇研究所常任講師、NHK大河ドラマ・朝の連続テレビ小説・月曜ドラマ・23時ドラマなどのアクティングトレーナー。(講師歴詳細

アクターズワークスのこれまで

柚木佑美が1995年、キャリー・ジベッツ先生のサンフォード・マイズナーテクニックによるアクティングワークショップを受講し深い感銘を受ける。1996年、「ライフ&アクティング クリエイティブ」を立ち上げ、オーストラリア在住のキャリー・ジベッツ先生を年2回、東京に招いてアクティングワークショップをコーディネートする。受講人数はのべ約300人。1999年~、団体名を「アクターズワークス」と改名。柚木佑美自身がワークショップをスタートする。年間約6~8回のワークショップを開催。2010年、様々な事情で一時休止するも、2011年、震災を期に、有志によって現在の「実行委員」体制をつくり本格再開。年間約6~8回のワークショップを開催し続けている。