新年最初、谷口監督WS

新年最初のディレクターズワークショップ。

今年も自画自賛は続く・・・続きますが、今回監督が「リアリティを使ってフィクションを創る」話をされた。

まさにずっと心のどこかに引っかかっていたテーマ。

 

いや、当たり前のことです。だって芝居だもん!

私自身も何度も口にしている。

役者をやるにあたって、そこは演出家や監督の領域。役者はただ芝居をすればいい。そう思ってやってきた。

でも、色々と・・・そういってばかりもいられなくなっている。

自分の演技をどうするかも、ここにかかってくる・・・そう思うことが増えた。

 

自分の芝居の再点検と、台本の読み込みがしっかり整理できた気がする。

 

 

当たり前と言えば当たり前だが、監督の演出が揺るぎのないものだったからこそ成り立ったと思う。

「生き生きとして面白いシーン」が出来ても、やはり台本が求めているキャラクターはそうではない・・・とか、「ここは顔を上げて欲しい」とか、演出も細かく、それにきちんと自分を合わせていくことを要求された。

これが本当にいい練習になった。

 

また、今回の台本が今回参加した役者さんのテーマにピッタリだった気がする。

いい結果もそうでない場面も、各々の仮題をしっかり見せてくれ、方向性を指示して頂いた2日間だった。

 

 

なんだか胸の中にモヤモヤとしたものが渦巻き始めて2年くらい・・・。

一回づつディレクターズを重ねるごとに、一枚一枚ベールが取れていくような気がする。

 

谷口監督のおかげで、2018年のいいスタートが切れました!!!!