篠原監督WS

今年の2度目のディレクターズワークショップは、篠原哲雄監督。

今年は2回とも映画監督のWSとなった。

 

それには一つの意図もあった。

「関わって芝居を作る」ことを、さらに身に着ける事。

それこそ、ウチの練習の真骨頂だと思う。これが出来ずして何をやるのか!と思う。

 

それにピッタリの方に来て頂けたと思う。

 

どのシーンも、一つ一つ、一回一回積み上げて、各俳優の良さを引き出しつつ芝居を作って下さった。

学んだ事が…多い!

参加者にとって刺激が半端ない。やはり篠原さんはスゴイ!

 

なんと「将来映画にしたいと思っているが、まだ未完成」の台本を使ってのWSとなったため、エチュードなど多用して、「どうやったらこのシーンがおもしろくなるか」と、まるで作品作りのような練習も出来た。

 

とあるシーンでエチュード的な芝居に突入したチーム。

女が激怒して、男にビンタ! 「帰れ!そのガウン着たまま、待ち歩いて帰れ!」とアドリブで罵倒する。

その場面を終わった瞬間、男役の俳優が叫ぶ・・・

「楽しい! もう、罵倒されながら、芝居が楽しい!」

 

いや、そういうのってマジ、大好物! 役者にとって楽しい以外の何物でもないのよ!!!

 

ううう!何という楽しさ!!!

ああ、こんなことを繰り返してちゃんと仕事になったらどんなに幸せか!!!

 

ただ、油断してはイケナイ。まだまだ監督に「やってもらって」いる。

もっともっと精進して上手くなりたい!!

 

来年もやるぞ!継続は力だ!

 

 

最後に・・・篠原監督は、飲んだら・・・寝る。。。