キャラクター&シーンクラス終わった・・・

キャラクター&シーンクラス、無事終了です。

 

キャラクタークラスとは、文字通り「役の人物」について練習します。

ウチのWSでは基本的に最初は「実在の人物」を演じます。

台本のキャラクターって、もちろんフィクションです。実際に生きていた「竜馬」とか「樋口一葉」とかでも、作家さんが書いている以上、もうフィクションですよね。我々は実際会ってないし・・・。

ところが、よく知っている実在の人物、主に親族・・・つまり、親兄弟、これはこたえます!

「なんでこんなことするワケ?」とか「わかるけど、抵抗があり過ぎてやだぁ!」の連続です。

でも、逃れられない。

だって、実際に存在し、自分と共に生きている人たちなので。

 

でも、キツイ分、収穫はたくさんあると思います。

実際、こんなにじっくり時間をかけて「人間」を観察し作り上げる体験はめったにありませんから。

 

 

今回のキャラクター&シーンクラス、見学に来てくれた方が

「どのシーンも、立ち姿が美しい。見られている意識があっても舞台に集中できている」とコメントをくれました。

嬉しい!

 

現場でも、みんながそんな風に演じて欲しい!

まずは、自分が頑張らなきゃですが・・・。

 

 

キャラシーン、今年から、何度も受けてくれてる方には半額システムを作りました。

「シーンは回数やらんとね!」

 

8月にはまた、エクササイズ、やります!

みんな、頑張ろうぜ!!!