武正晴監督WS

武正晴監督WSが終わりました。

いやー、すさまじかった!

たった2日だったが、一季節過ぎ去ったかのようだった。

 

まず、初日の初めましての挨拶の直後、開口一発「最近は、関係者と飲んでいたりして、終電で帰ろうとするやつが、信じられない」という話から始まった。

この話は、もちろん監督や演出家、先輩俳優さんからよく聞く話だ。特に私世代は若いころ本当にそうだったから・・・。

だが、これが、よく聞く話で終わらないことはこの8時間あまり後、わかることとなる。

 

弾丸のごとく、シーンが続く。

「みんな腹減った? 僕は減ってない。大丈夫だ」

「セリフ入ってない? ダメ! 〇〇役、交代。誰か出て!」

「もうだめ、さっき出来たのになぜ出来なくなった? 無理だ。交代!」

 

もう、笑うしかない。

 

「みんな、疲れた? 僕は疲れてない。」

ほとんど、休み時間もなく気が付いたら夜11:30過ぎ。

「さすがに、終電で帰りたいよね。」

 

いやいや、都内でない人は帰れない!っちゅーねん(笑)。

 

こんな2日間だった。

 

台本は新藤兼人さんの名作「しとやかな獣」

2日間で、この台本の半分近くを網羅する分量。

もちろん、監督もおっしゃってくださっていたが、現実的にはセリフを入れるだけでも相当覚悟のいるメニュー。

もちろん、みんなそれぞれに覚えてきている。だが、次々繰り出される監督の要求に、身体は固まる、台詞はぶっ飛ぶ・・・!

でも「こんなの無理なんだ。無理に決まってる。でも、世の中にはそれをやってのけるスゴイ奴がいるんだ」

 

現場感満載!

 

だが、優しい方だ・・・と思った。

いや、私に・・・とか、私たちに・・・とかではない。

人間の根本、映画に、優しい方だ・・・と。

 

現場・・・と言ったが、どの現場もみんな時間が十分ある現場など、お目にかかったことはない。

ハリウッドでは、7週間のリハーサルができる現場もあるらしいが、そんなこと夢のまた夢。

 

今回、監督がやって下さった通り「無理」を「無理」でなくするまで自分を鍛えないと、生き残っていけないということが現実だ。

 

やると決めたなら、常に常に、そこを目指し、自分を甘やかさず、やり続ける。

監督はおっしゃった。

「10年とか、20年とかに一回、来るんだよ。『これ、私だ』っていう役が。それまで続けられるかどうか」