谷口監督作品「父のこころ」

今、新宿のK'cinemaで公開中の監督の作品、拝見してまいりました。

朝10時から見るのはずっしりとした本格作品でした。

失礼ながらワークショップから起こしたとは思えない出来です。

兄妹役の若手俳優さん方は「初々しさ」でカバーしてた感がありましたが、監督の演出はさすが!でした。

 

本職の役者(笑)としてのコメントは

 

主役の大塚まさじさん。

フォークソングのミュージシャンでいらして演技経験はないそうです。でも・・・、いや、だからこそ、ズルい!

このなんにもしなさ加減! 存在感!

終演後、谷口監督ともお話したのですが、その魅力は素晴らしい。

役者はやはり「何かしたがる」のです。私自身も、つい「演じてしまう」自分と戦います。

それがないのです。ホントに、ただそこにいるだけでカメラが追いかけてしまう・・・。

ああ、そんな演技、したい!!!

 

娘役の上西 愛理さん。

初めての演技だそうです。そうは見えない。

これは、谷口監督の腕・・・ですかね!

この家族の皆さんの雰囲気がホントによかったです。きっと上西さんはとても素直な方で

、自然に乗っていったのかもしれません。

 

いずれにしても、最近よく思うのですが、役者の演技技術より大切な「好感度」があります。「お客さんに愛されるか否か」

この映画の出演者たちはみんな、お客さんに愛される人々でした。

家族を捨てた不甲斐ないお父さんも、どこか憎めない・・・。

ダンナをなじるお母さんも、一生懸命で、旦那さんを愛していて、その存在が切なかった。

お父さんに似ているだろう、優柔不断さが前面ににじみ出るお兄ちゃんも、優しさが溢れていて・・・。

お嫁に行く妹も、お母さんのことが心配でならない、両親が元通りになって欲しい気持ちがとてもよく現れていて・・・。

いい家族でした。

 

 

観客としては、

「家族」ってどう捉えてもホントに重いですね。

「父のこころ」なのですが、父も母も息子も娘も「こころ」を描かれています。

9年前、父親の借金が原因で崩壊した家族の再生のドラマですが、夫婦は結局離婚します。

だったら再生ってなんだろう。何の再生だろう・・・。

「家族」であっても「夫婦」であっても、なんであっても人間同士は、形ではないお互いの関係が大事なんでしょう。

離婚して夫婦関係は解消しても、9年間、止まったままだった「時間」は動き出す。

戸籍は解消して離れて暮らしても、「関係」はまた違う形で始まった。

そういう再生もある・・・。

ベタな言い方ですが、「形」より大切な実質がある・・・ってことでしょうか。

 

その家族のそれぞれに「がんばってね」と言いたくなり、「いや、私だよ、頑張るのは!」と一人ツッコミをいたしました。

 

新宿のK'cinemaで7/4(金)まで公開中。連日10:30です!

ぜひ、足をお運びください。

息子・宏志役の古賀 勇希さんが、自主舞台挨拶を毎日行っていらっしゃいます。

演技同様、好感度たっぷりの拙さが魅力ですよ!

 

 

柚木佑美