「現場で活躍する映画監督や演出家のワークショップ」

募集中のクラス

★vol.7   武正晴監督ワークショップ

 (参加資格・シーンークラス修了者。書類審査あり)

 

武正晴 映画監督。『百円の恋』で日本アカデミー賞優秀監督賞受賞。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A6%E6%AD%A3%E6%99%B4

 

 

日程】2017321()23() 3日とも13:00-18:00

※急な仕事、オーディションなどのNG、遅刻などは考慮いたします。

【受講料】18,000

【稽古場】K’sスタジオ本館(丸ノ内線東高円寺駅より徒歩5分)

【募集条件】アクターズワークスシーンクラス まで終了した方。書類審査あり。

【添付書類】写真付きのプロフィール。WordPDF等で、きちんと写真が貼り付けてあり、プリントアウトできるものに限る。メールにプロフィールを書いて写真は添付ファイルでといったエントリーは受け付けておりません。そのままプリントアウトして監督にお渡しするものであることをご理解ください。

【定員】12~14名くらい(台本や男女比の状況で上下あり)

【締切】34()24

※参加をご希望の方はスケジュール仮でもよいので取り急ぎ早目に連絡をいただけますと助かります。

 

参加をご希望の方は、締切までに写真付きのプロフィールを添えて、アクターズワークスまでメールでエントリーして下さい。参加したいが、スケジュールがまだわからないという方は、その旨を添えてお知らせください。なお、台本配布があるため、直前のエントリーは受け付けておりません。

 

【武監督ディレクターズワークショップについて】

 

昨年、アクターズワークスのディレクターズワークショップに新風を巻き込んでくださった武正晴監督のリターンズです!

ご記憶に新しい方も多いと思いますが、まさに「現場!」です。 

 

どうぞ、挑んでください! 

 

昨年の武監督と打ち合わせの時の監督のお言葉を改めて記載させていただきます。

 

「みんな表に出たがる、仕事を欲しがる。でも、いざそれが来たとき、果たしてそれが本当に出来るかどうか・・・だよね。唐沢寿明も安藤サクラも、それが出来たから評価されたんだ。」

 

 ※終電、自己責任! 

 

柚木佑美

 

★vol.6 篠原哲雄監督ワークショップ

(参加資格・キャラクタークラス修了者。書類審査あり)


篠原哲雄 映画監督。「真夏のオリオン」「山桜」「起終点駅ターミナル」など
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%A0%E5%8E%9F%E5%93%B2%E9%9B%84

【日程】20161114()15()、17日(木)  14:00~21:00 (途中休憩1時間)
急な仕事、オーディションなどのNG、遅刻などは考慮いたします。
※講師の都合や、天候などで日程の変更などが生じる場合があります。その場合は延期などご相談させていただきます。

【受講料】18,000
【稽古場】K’sスタジオ本館(東高円寺徒歩5分)
【募集条件】AWシーンクラスまで終了した方。書類審査あり。

【添付書類】写真付きのプロフィール。WordPDF等で、きちんと写真が貼り付けてあり、プリントアウトできるものに限る。メールにプロフィールを書いて写真は添付ファイルでといったエントリーは受け付けておりません。
【ご住所】今回台本が郵送になりますので、郵便が受け取れるご住所を明記してください。
【定員】14~18名・・・男女比・年齢など配役の状況で決めさせていただきます。
【締切】111()24



参加をご希望の方は、締切までに写真付きのプロフィールを添えて、アクターズワークスまでメールでエントリーして下さい。参加したいが、スケジュールがまだわからないという方は、その旨を添えてお知らせください。なお、台本配布があるため、直前のエントリーは基本的には受け付けません。



【篠原監督ディレクターズワークショップについて】
実行委員一同話し合いを重ね、2年前から、ディレクターズワークショップを始めました。
アクターズワークスのWSを体験していただいた方々の「レッスンのその先」という観点で、これを企画しております。

やはり、キーワードは「現場」です。

このディレクターズワークショップは「現場」です。「安全」な場ではありません。

アクターズワークスにおいても、他の稽古であっても、せっかく一生懸命練習を重ねたことが、現場で通用しなければ何の意味もありません。
自ら身に着けたことを、「現場」により近い場所でぶつけて頂けたら・・・と思います。
最近、「WS慣れ」をしている人がいる・・・と感じることがあります。

仕事がない時ぼんやりせず真面目に訓練していることは、立派なことです。ですが、WSに参加していれば何とかなる・・・、通っていれば何か教えてもらえる・・・、〇〇WSは楽しかった・・・。こういうことでは、せっかくの訓練もなにもならない・・・。演出家や監督と対等な物造りなど出来るはずはありません。
私たちは・・・、いえ、監督や演出家もみんな、常に自分で自分を見つめ、俳優であること、クリエィティブであることを問い続けなくてはならない職業なのだと思います。
ご参加をお待ちしております。
柚木佑美

終了したクラス

★vol.5 武正晴監督ワークショップ

終了しました

【日程】

2/28日(日)、29日(月)

両日とも17:00-22:00

【募集条件】AWキャラクタークラスまで終了した方。書類審査あり。
【添付書類】写真付きのプロフィール。WordやPDF等で、きちんと写真が貼り付けてあり、プリントアウトできるものに限る。メールにプロフィールを書いて写真は添付ファイルでといったエントリーは受け付けておりません。そのままプリントアウトして監督にお渡しするものであることをご理解ください。
【定員】12名
【締切】2月10日(水)24時
監督は男女比などを考慮して台本を決めたいとのご意見でしたので参加をご希望の方はスケジュール仮でもよいので取り急ぎ早目に連絡をいただけますと助かります。

★vol.4 小川絵梨子ワークショップ

【終了】(参加資格・シーンクラス修了者。書類審査あり)

稽古場風景はこちら

 

【台本】『12人』・・・『12人の怒れる男』をベースに小川絵梨子さんが脚色。

【日程】自主トレ 6/13(土)、14(日) 13:00-21:00

小川さんWS 6/15(月)、16(火)、17(水) 13:00-18:00予定

【料金】20,000円

【会場】都内スタジオ(駅徒歩3分・5日間とも同じスタジオ)

【定員】最大24名

※ワークインプログレスが前提のためキャスティングを考慮して(年齢・性別など)選考。キャスティングは小川・柚木で決定。

【募集対象】

・アクターズワークスのシーンクラス終了者。

・原則として全日程参加可能な方。

・将来的にワークインプログレスに参加希望の方。

 

この企画は、ただのディレクターズワークショップではなく、ワークインプログレスが前提の企画です。ワークインプログレスについてはブログ該当記事(「ワークインプログレスって?」)をご参照ください。

この先数年をメドにワークインプログレスを開催予定です。

※もちろん、今回参加したからといって絶対ワークインプログレスに出演しなくてはならないわけではありません。あくまで一緒にこの企画を実現していきたいということでご理解ください。

★vol.3 ペーター・ゲスナーワークショップ

【終了】(参加資格・エクササイズクラス修了者。書類審査あり)

  稽古場風景はこちら

 

昨年、トライアルコースとして実施し、好評だったディレクターズワークショップの2015年第一弾です。

ペーター・ゲスナーさんは、私が新国立劇場演技研究所の講師だったころの講師仲間としてお知り合いになった方で、私のレッスン後のゲスナーさんのシーンスタディーはいい流れだ!との評判もあり、AWのディレクターズワークショップにふさわしい方だと思いお願いいたしました。

ゲスナーさんは大変気骨のある演出家で、 「たった三日間のWSなら、たくさん宿題をしておいていただかないといけない・・・」とのことです。

WS日程で、「自主練&柚木」となっている時間は、ゲスナーさんからの宿題をこなすとともに、

「今までAWでやってきたことをどう演出家の要求に生かしていくか・・・」

という練習を柚木がサジェストしながら行います。

 

また、「衣装や小道具は役者が用意する」というのがゲスナーさんのポリシーでもあります。そういう点も役作りとしてやっていっていただきます。

 

普段のAWでは絶対に選ばない安部公房「友達」という作品・・・。

大変刺激的な時間になると確信しております。

 

ペーター・ゲスナー【外部リンク】 旧東ドイツ生まれの演出家。桐朋学園短大演劇専攻教授。

 

日程

2015年4月13日(月)~19日(日)

4/13(月)13:00~21:00 自主練&柚木

4/14(火)13:00~15:30 16:30~19:00 ペーター・ゲスナー

4/15(水)13:00~21:00 自主練&柚木

4/16(木)13:00~15:30 16:30~19:00 ペーター・ゲスナー

4/17(金)13:00~21:00 自主練&柚木

4/18(土)13:00~21:00 自主練&柚木

4/19(日)13:00~15:30 16:30~19:00 ペーター・ゲスナー

受講料:3万円

稽古場:都内スタジオ

台本:安部公房「友達」 

定員:16人

★第2弾 小川絵梨子シーンスタディ

【終了】(参加資格・講師柚木のシーンクラス修了者。書類審査あり)

 稽古場風景はこちら

 

予想通り応募多数のため、僭越ながら書類審査させていただきました。

この企画はあくまでも、講師・柚木がアクターズワークスワークショップその他で行うマイズナーテクニックのレッスンの延長線上に考えられたものです。このレッスンの基礎である「オープンした身体」をキープしているかどうか、その上での現場の活動歴などで決めさせていただきました。皆様方の才能を云々するものではございませんので、御了承下さい。皆様方のますますのご活躍をお祈りしております。

また、柚木のレッスン経験者以外から多数メールをいただきました。こちらの募集要項がわかりにくかったためかもしれません。お詫び致しますとともに、今後も色々な企画・活動を進め行こうと考えておりますので、今後ともにどうぞよろしくお願いいたします。

 

アクターズワークスでは、プロの現場に適応する演技レッスンを心がけてワークショップを提供してまいりました。このレッスンから現場で活躍する監督・演出家さんのシーンスタディに繋げ、より、演技力の向上を目指すトライアル企画第二弾として、昨年、紀伊国屋演劇賞・個人賞を受賞した演出家・小川絵梨子さんをお呼びすることができました。

しかも、ご好意で大変リーズナブルな講師料を提示してくださり、谷口監督に続き激安企画が実現しました。

小川さんはNYのアクターズスタジオのディレクターコース出身で、このマイズナーシステムとはルーツが同じです。アクターズワークスでのシーンクラスを演出家さんとのセッションに発展させていく最適の方だと思っております。

 

日時

2014年3月17~19日

3日間とも13:30~17:30(終了時間は多少ズレあり)

場所

都内 駅から徒歩5分のスタジオ(3日とも同じ稽古場)

受講料

12,000円  

募集定員

男性6人女性6人

台本

未定

後日、決まり次第発表。

 

大変恐縮ですが、人気演出家で低価格のWSのため、多数の応募が予想されること、低価格をお申し出くださった小川さんのお気持ちを組んで質の高いWSにするために、上記に表記しましたように書類審査を行わせていただきます。

審査は、アクターズワークスの受講歴・現場での活動歴などを考慮させていただきます。

★第1弾 谷口正晃監督レッスン

終了】

★2014年1月7日・8日
 実際の映画の1シーンを、現場に近いディレクションで演じ、実際にカメラで撮影。